ずっと一緒に歩いて行けたらよかったのに
一人で進めば進むほど、思い出は過去に逃げていく